イングリッシュブートキャンプ受講は若い方が良い?|高校生・中学生も受けれる?

ENブートキャンプ

イングリッシュブートキャンプ+

 

2日間で英会話の上達をうたっている「イングリッシュブートキャンプ」

 

2日間英語漬けになり、今の単語力で何とか会話出来る様にトレーニングするシステムなので、少ない単語で何とか会話が出来る様になれば、その後単語数を増やせば、よりスムーズに会話が出来る事になります。

 

既に勉強した単語を忘れてきている社会人で効果があるのであれば、現在勉強している中学生や高校生であれば、より会話力が付くのではないかと思いますね。

 

高校生

 

実際、「イングリッシュブートキャンプ」に中学生や高校生は参加できないのでしょうか。

 

そこで、イングリッシュブートキャンプのホームページを見てみました。

 

通常のイングリッシュブートキャンプは社会人向けのプログラムとなっているため参加は18歳以上からとなっている様です。

 

ですから、中学生や高校生は参加できません。

 

しかし、やはり中・高校生の方や父兄からの問い合わせが沢山あった様で、毎年「夏の限定企画」として高校生向けイングリッシュブートキャンプが1日限りで開催されている様です。

 

中学生が参加できないという事は、少なくとも中学校卒業レベルの単語は知っておいて欲しいという事でしょうか。

 

 

3度目の夏の高校生イングリッシュブートキャンプは、2019年8月7日(水)に開催された様です。

 

やはり夏休みを利用して1日限りの集中トレーニングを行うのですね。

 

当日は10時から17時まで英語付けのトレーニングが行われ、英語を話す事に対する心理的な壁や躊躇を取り払う事が目標として掲げられています。

 

参加費は9,000円(税別)で、場所はイングリッシュブートキャンプ二子玉川ベースで行われるようです。

 

高校生のブートキャンプイングリッシュブートキャンプHPより

 

2日間という短い期間(高校生は1日)で本当に英会話が出来る様になるのか

 

事実

 

「たった2日間で英会話が出来る様になるの?」

 

そういった疑問は当然持たれると思います。

 

勿論、2日間で急に使える単語数が増える訳ではありませんので、2日でいきなりネイティブ並みになれる事はあり得ません。

 

「イングリッシュブートキャンプ」のトレーニングの目的はは「ネイティブ並みに喋れるようになる事ではなく、「今知っている単語を駆使して英会話をする」事です。

 

私は、このトレーニングはとても大事な事だと思います。

 

得てして私たちは完成された英語を喋らないといけないと思い込んでいるのではないかと思います。

喋る単語も適切な単語を使わないといけないと思って居ないでしょうか。

 

それ自体がストレスとなって、外国人に話しかけたり、会話をしたり出来なくなってしまって居る事が多いのではないかと思います。

英語 会話

 

でも、ネイティブに対して何も言わなければ、全く通じませんが、何か話をしていれば、理解しようと推測してくれるものです。

 

われわれ日本人も、外国人が片言でも話していれば何とか理解しようと推測していきますよね。

 

だから、知っている単語を駆使して話をしていれば、ネイティブは理解してくれますので、まずは何とか喋るというトレーニングが必要なのです。

 

このトレーニングは、本を使った自己学習では出来ませんので、やはりネイティブを相手に行わないといけません。

 

 

私も英会話学校に通っている時は、日ごろから次回のレクチャーで話したい事柄を英語で考えて、ネイティブにぶつけていました。

 

判らない言葉は辞書などで調べ、ネイティブとの会話の中で判らなかった言葉はまた調べ、そうしているうちに英会話が上達していきます。

 

高校生に対するブートキャンプに関して

 

「イングリッシュブートキャンプ」は5年間にわたり、北海道教育委員会が主催している高校生向けのイングリッシュスーパーキャンプの一部をお手伝いした経験があるそうです。

 

その経験から、このプログラムが高校生にも有効であり、1日の集中トレーニングで十分に英会話の上達が見込めると確信を持っている様です。

 

実際、ネイティブに対して英語で話をして、通じたという経験はとても自信になります。

 

決して完璧な英語を話す必要がないと判るだけでも、英会話に対する心理的な壁はかなり下がりますので、受講後は外国人に話しかけたくて仕方なくなると思います。

 

 

私も英会話学校に行くまでは、とても外国人に英語で話しかけたりは出来ませんでした。

 

しかし、大学時代に中国人と仲良くなり、そこから発展していって大学同士の交流にまで発展していったという経験をしました。

 

英会話学校に行き始めてから数年後の話ですが、もう10年以上経過した事ではありますが、英会話を勉強していたからこそできた経験であったので、今考えてもとてもうれしく思っています。

 

この経験は別にネイティブ並みに話せたからできた事でもありませんし、未だにそこまでの英語力は私にはありません。

 

その他にも英会話を学んだあとにした経験は他にもありますが、それは他で述べてみます。

 

仕事でも、私生活でも外国人とコミュニケーションが取れるという事はとても夢のある経験をする可能性がありますね。

 

取り敢えず、今の単語力でもなんとか英会話を出来る様にトレーニングをしてみませんか。
実際のハードルはそれほど高くはありませんよ。

 

【 高校生もEngkish Boot Camp(イングリッシュブートキャンプ)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました